l

心理的サポート

 
Welcome
 to Mental Training Labo. Website


対 象

スポーツチーム・選手
指導者
格闘技関係者
企業やビジネスマン
教育関係者者
音楽関係者
技能五輪関係者
演劇関係者
芸術関係者
心身の健康を希望する方
その他の業種の方でも、対応可能な場合があります。お気軽にお問い合わせ下さい。

心理的サポートの目的

試合・ビジネスで勝つ可能性を高める
練習・仕事のを高める
技術を高める
モチベーションを高める
闘争心を高める
セルフコントロール能力を高める
リラックス能力を高める
集中力を高める
ミスなどで低下した集中力を再び高める
プラス思考になる
自信を高める
イメージ能力を高める
判断力を高める
怪我を予防する
コミュニケーションを良くする
チームワークを良くする
指導能力を高める
選手や部下・同僚との人間関係を良くする

 そして、より充実した人生を送る

 
サポートの流れ

1.面談により、来談の目的や改善点を確認します
2.各来談者のニーズに沿ったトレーニングプログラムの作成や指導をします


-メンタルトレーニングプログラムの一例-

評  価
面談自己分析用紙(良い時・悪い時の違いなど)・数種類から最大10種類の心理テスト。これらの手法を用いて、現状と問題解決への目標、今後のトレーニング計画を話し合います。

理想的心理状態の確認
試合で最高度の実力を発揮する理想的心理状態について、理解をします。理想的心理状態に入るための条件、阻害する条件について話し合い、一流選手との比較をしたりします。

セルフトーク
セルフトークとは自己会話とも言い、メンタルトレーニングの主要なテクニックです。自分自身と会話し、自己暗示をかけていきます。普段使用しているセルフトークに対する気づき、セルフトークと感情・行動との関係、セルフトークの作成と修正、不測の事態に対するセルフトークを作成していきます。

動機づけ
スポーツ・仕事に対する哲学的トレーニング(なぜするのか、何が楽しいか)、
詳細な目標設定を実施し、今後の方向性を明確にし、やる気を高めます。

覚醒水準の調整
リラクセーション(セルフマッサージ、深呼吸、筋弛緩法、自律訓練法、瞑想等)と
サイキングアップ(覚醒水準を高める)を理解し、手法を学びます。

イメージ
イメージとは何を理解します。イメージトレーニングの手法を学びます。

集 中
集中力とはを何かを理解します。集中の高め方を学びます。
例:深呼吸、フォーカルポイント、イメージ、パフォーマンスルーティン等

自 信
自信とは何かを理解します。自信の高め方を学びます。
例:練習スケジュールの明確化、自信を持つ理由、態度のコントロール

心理的準備
試合の結果は、試合開始前に80%は決定していると言われます。試合開始に向けて理想的心理状態になるために、心の準備の仕方を学びます。

セルフコンディショニング
メンタル面の強化は、スポーツや仕事の時だけ高まれば良いというものではありません。規則正しい日常生活を送ることが基本となります。朝気持ちよく目覚め、夜気持ちよく寝ることをトレーニングします。元々は、旧ソビエトのオリンピック選手が実施していた方法です。自分で心理面の準備・調整をできるようにします。

メンタルトレーニングプログラムの作成
メンタルトレーニングは試合のときだけ用いても、あまり意味はありません。普段の練習や日常生活でトレーニングしてこそ効果を期待できます。どのスキルをいつどのくらい練習するのか、オリジナルのメンタルトレーニングプログラムを作成します。

練習会場や職場での心理サポート
心理的スキルの実践的指導・微調整やビデオを用いて確認などをします。

試合会場への帯同
心理的スキルの実践的指導・確認、不測の事態に対する対応、言葉がけ、ビデオに記録し、後に確認します。


料 金

入会金・契約金等は一切かかりません。メンタルトレーニングは、最低3年はかかるといわれています。継続してトレーニングする必要があります。

個人
・来談していただいた場合は、1回5,000円です。電話・メールでのサポート・面談費用が含まれます。
・出張サポートの場合は、栃木県内は1回10,000円+交通費です。
 栃木県外は1回20,000円
+交通費です。
 詳細はお問い合わせ下さい。

団体:
・来談していただいた場合は、1回10,000円です。
・出張サポートの場合は、栃木県内は1回10,000円+交通費です。
 栃木県外は、1回20,000円
+交通費です。
 詳細はお問い合わせ下さい。

講演会・講習会も開催しています。詳細はお問い合わせ下さい。

お問合せ


〒321-3295
 栃木県宇都宮市竹下町908
 作新学院大学内 笠原研究室
 п@028-670-3755
 mail  kasahara@sakushin-u.ac.jp


大きな地図で見る

引用文献:高妻容一〔2002 2003〕 今すぐ使えるメンタルトレーニング 
                     選手用・コーチ用 ベースポールマガジン


相談内容および個人情報等につきましては、個人情報保護法に基づき、皆様の個人情報を適正に管理いたします。
メンタルトレーニング・ラボ
〒321-3295
栃木県宇都宮市竹下町908
作新学院大学内
笠原研究室
Phone: 028-670-3755

お問い合わせ
Copyright c 2008 メンタルトレーニング・ラボ All Rights Reserved.